header-logo

治山工事(小川地区)が完了しました。

2022年04月15日 公共工事

今回の現場は、令和元年8月に発生した豪雨により崩落した斜面の復旧を目的としており、
土留工(カゴ枠)及び法面保護を行う、治山工事でした。

名称 小川地区復旧治山事業工事(山腹工)(災害)
場所 武雄市北方町大崎
工期 令和3年3月~令和4年3月
内容 1号土留工(カゴ枠)L=123.0m 2号土留工(カゴ枠)L=275.2m
目的 令和元年8月に発生した豪雨により崩落した山林の復旧を行う
竣工日 令和4年3月
総括

仮設道路がL=230m程度と長く、また高低差も大きいため崩壊した箇所へ辿り着くのも大変でした。
また、崩壊した箇所は岩盤上に土砂が乗っている状態であり、土砂も軟弱土で一度雨が降ると足元がぬかるみ近寄れない状況でした。
発注者や社内で協議を行い知恵を出し合いながら、なんとか完成することが出来ました。
今後も地域住民の生命・財産を守っていけるよう努力してまいります。

 

recruit3

RECRUIT

日本建設公社では一緒に働く
仲間を募集しています。

2021年採用情報

©2015 日本建設公社 Inc.